過去の特集記事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SFC東日本支部第1回補習講座 コロンブス松戸ファクトリー 見学&講習会

6 月 23 日(金)千葉県松戸市にある靴クリームメーカー(株)コロンブス様の松戸 FACTORY にて今年度第 1 回目の SFC(シューフィッタークラブ)東日本支部補習講座を開催しました。
内容は「工場見学」「革のお手入れ方法」「調整パーツの使い方」の3つで、コロンブス社員の方々による熱心なご説明により、充実した講座となりました。工場見学と講習の内容を報告いたします。
報告者 SFC 東日本支部副支部長 吉田 友則
講師 林 美樹 氏

コロンブス松戸 FACTORY

竣工 1999年 4月 / 敷地面積 4030㎡ / 建物面積 7873㎡ JR 常磐線「北松戸駅」から徒歩10分

1F:出荷・搬入エリア / 2F:製品倉庫 / 3F:製品の充填・仕上
4F:製造 / 5F:原料・資材倉庫 / 6F:総合研究室

工場見学 その3

1F は出荷スペースです。ここから日本全国はもとより海外へも出荷しています。
リペア用クリームもここで生産、出荷しています。靴クリーム類だけではなく防水スプレーやインソールも出荷していますが、別工場にて生産されています。インソールは東京のお花茶屋にある東京靴用品FACTORY という別工場で生産されています。
Q「同じ靴クリームを海外製品と比較するとどうでしょうか?」
A「以前は弊社も海外製品を目標に研究を重ねてきましたが、昨今は技術が発達し日本製の信頼性が高まっています。弊社は先日イタリアのメンズファッション展示会に出品し、取引が多様化しています。」

これらは靴クリームの原料です。
植物系と動物系、合成ワックスがあり、使用量が多いのは植物系のカルナバワックスです。
カルナバワックスは艶があり、ブラジルのカルナバヤシというヤシから採取しています。色違いで1号から3号まであり、1号が若葉から採取して、2 号、3 号と葉が濃くなります。
使用頻度は1号が一番多いです。色を黒くしたい場合は3号を使用します。
カルナバはリンゴの艶出しやマーブルチョコの外側のコーティングに使用していて食べても問題無いそうです。
その他には国内で唯一、米から採れるライスワックスや蜜蜂から採れるビーズワックスもあり、女性の化粧品にも使用されています。

次回は「工場見学 その4」です。